釘宮研・梶田研ホームページ

   
生体関連化学研究室
   
機能性錯体化学研究室

                               

       

あなたは、

 

アクセスカウンター

http://www.rays-counter.com/images/counter_01.gifhttp://www.rays-counter.com/images/counter_02.gifhttp://www.rays-counter.com/images/counter_03.gifhttp://www.rays-counter.com/images/counter_04.gifhttp://www.rays-counter.com/images/counter_05.gif

 

人目のお客様です。

 合同ゼミ予定                                         
  
qr

スナップショット

 

自己紹介

釘宮 愼一  教授                                梶田 裕二 准教授

修得学位:

工学博士

   

修得学位:

博士(工学)

出身高校:

大阪府府立阪南高等学校

出身高校:

東海高等学校

出身大学:

京都大学工学部

出身大学:

同志社大学工学部

 

 

 

 

 

 

 

 

研究紹介

釘宮 研究室

 

  

梶田 研究室

 

平成29年度メンバー

 

釘宮研究室メンバー

  

梶田研究室メンバー

釘宮慎一 教授(C2307)

  

梶田裕二 准教授(C2204)

卒研生 6

  

大学院生 3

 

 

  

卒研生 6

研究設備              

テキスト ボックス: 梶田研の高性能グローブボックス
空気中の酸素や水蒸気に弱い物質の合成に威力を発揮する。共通設備ではなく梶田研の設備。
近いうちにもう1台設置される予定。

 生体・合成高分子ハイブリッド選択的分子認識実験システム 


蛍光分光光度計(日立)
蛍光プローブを結合させたタンパク質
による糖鎖認識や、リポソーム膜を介
する物質輸送能力の評価にも使用する。

 


蛍光・微分干渉顕微鏡(オリンパス)
リポソームや細胞の形状や分布を観察
するのに使用する。
倒立型


HPLC(島津製作所)
トレイにサンプルを配して、連続分析
が可能なHPLC汎用機器

 


MALDI-TOF
質量分析装置(島津製作所)
ノーベル化学賞の田中氏が開発した
装置で、マイルドにイオン化する方式
が特徴。リガンド等の低分子化合物か
ら、分子量10万を超えるタンパク質ま
での測定が可能。


  
QCM(Initium
27MHz
のチップを使用し、1Hz30pg
性能を持つ。糖鎖-タンパク質間の分子
認識反応を定量化する。
バッチ式

 

 

募集

受験生の皆さん 愛工大応用化学科で新しい材料開発を行いましょう。
 
工事中

   

講義について                               

 

   ・ H29年度前期 超分子化学概論について(工事中)

            分子認識化学について(工事中)
            基礎化学Tについて(工事中)
   ・ H29年度後期 バイオミメティック化学について(工事中)

            基礎化学Uについて(工事中)

大学の勉強の仕方に早く慣れよう。

 高校までは、課題・宿題が出され、無理やり情報を詰め込まれて、勉強した人が多いと思います。大学では、自ら能動的に勉強することが求められます。全員に対しての、手とり足とりのような指導はありません。自分から進んで、調べ、質問し、議論することで、理解が深まり、高度な知識を定着することが可能になります。
 そのための近道は、化学を好きになることです。鉄道、車、城、歴史、天文気象、考古学など、世の中にはたくさんマニアがいて、その知識の充実に、小学生からお年寄りまでが時間を使い、その知識は断片的なものではなく、○○ワールドを語ることができるレベルです。
 化学の世界は面白く、是非化学に興味を持って、化学を好きになってもらいたいと思います。
 My化学ワールドを議論しましょう。
 化学に興味を持てば、化学の知識の吸収に躊躇することなく、集中できます。英語の能力の向上も、苦ではなくなります。

生命現象をヒントに、新規材料を創る。

 我々の暮らしをサポートし、豊かにする素材や材料の開発を行う人材を育成するのが応用化学科の役割と思っています。応用化学科では、生体高分子を扱う化学や、生命に関わる化学の分野へ、教育研究対象を広めるために、2009年度に2専攻になりました。他大学の学科の下のカテゴリであるコース制と同じです。生命現象を化学の言葉で理解し、生命現象からひらめいた化学を駆使して、我々の暮らしをサポートし、豊かにする素材や材料の開発を一緒に行ってみませんか。
 様々なパーツを組み合わせ、ロボットを作製するのも面白いと思います。様々な分子パーツを組み合わせて、面白い機能や形をもった超分子(錯体)や、超分子システム(超分子の集まりや分子集合体)をデザインして、その通り作り、動かしてみるのも、大変面白いものです。直接眼で見える大きさでないので、顕微鏡や結晶構造で確認するしか方法はないのですが、機能は直接測定することができます。

できるだけ早く、この面白い世界を経験してもらいたいと思います。

    釘宮研究室スナップショット                              

実験室C2308 凍結乾燥機とドラフト デスクワーク室C2309
 実験室C2308          凍結乾燥機とドラフト     デスクワーク室C2309

      リンク                                        

アメリカ化学会雑誌検索 :便利!

Pubmed:主にバイオ系

SciFinder:合成方法を探すのに便利

PDB:阪大タンパク研が運用する日本語サイト

日本化学会

PDBRasmolの座標など、タンパク質、核酸などの結晶構造の座標を提供。無料。

高分子学会

日本薬学会

錯体化学会

豊田中央研究所:長久手市

愛知工業大学図書館:使いこなそう

愛知工業大学応用化学科:われわれの学科

東京大学

京都大学

名古屋工業大学

北海道大学

大阪大学

名城大学

名古屋大学

中部大学

日本化学会東海支部

中部化学関係学協会事務局

産総研中部センター

愛知工業大学入試

J-Plat-Pat特許情報:サイトリニューアル

質・材料研究機構

丸善化学書資料館 :学内利用無料

 

2017426日更新

 470-0392  愛知県豊田市八草町八千草1247
    
 0565-48-8121  内線 2214 2223  Fax 0565-48-0076