教員/研究室紹介

建築構造・材料研究室 山田和夫

研究内容
研究概要:コンクリートの物性解明のための基礎的研究とともに、環境負荷低減および環境保全・向上を目指したコンクリート技術の開発研究を材料および構造の両観点から実験的および解析的に行っています。

研究テーマ:長寿命化を目指すコンクリート構造物の検査・診断技術および耐震補強工法の開発、環境負荷低減を目指すコンクリート技術(エコマテリアル化、循環化、長寿命化)の開発、多軸応力下のコンクリートの力学特性の解明、コンクリートの自己および乾燥収縮などの時間依存特性の解明、ほか
社会との接点
本研究室で行ったコンクリートの各種非破壊試験法に関する一連の研究の成果は、日本建築学会、日本コンクリート工学協会、日本非破壊検査協会などの基準や基準(案)に反映されており、コンクリート構造物を計画的に維持・管理していく際に必要となる検査・診断技術として社会に貢献しています。
研究室の横顔
本研究室では、「文武両道」を実践しています。卒研生は、「勉強・研究」と「遊び・社会活動」を両立してメリハリのある充実した1年間を過ごしています。また、本研究室は、建築構造・材料系研究室でありながら、女子学生が多いのも特徴です。 卒研生の多様化する希望に柔軟に対応できるように、本研究室では、理学部で行うような基礎的研究から実社会に即応用できる実用的な研究まで幅広いテーマを卒業研究として用意しています。
学生諸君へエール
コンクリート工学は、座学だけでは身につきません。実際に、コンクリートの混練、打設、養生、試験を体験し、失敗を何度も繰り返すことが大切です。
人間は、失敗によって反省・創意工夫・努力を行い、その繰返しによって徐々に成長していくということを認識して下さい。
教員プロフィール
山田 和夫
やまだ かずお

●を@に置き換えて送信願います。(迷惑メール対策)

学位
工学博士

所属学・協会
日本建築学会、日本材料学会、日本コンクリート工学協会、日本非破壊検査協会

専門分野
建築構造・材料学、コンクリート工学

著書
コンクリート診断士合格必携(技術書院、2005年〜2008年)、鉄筋コンクリート造建築物の品質管理および維持管理のための試験方法(日本建築学会、2007年)、コンクリート構造物の非破壊検査・診断方法(セメントジャーナル社、2004年)、コンクリート構造物の非破壊検査・診断技術(技術情報協会、2000年)、ほか

研究論文
日本建築学会、日本材料学会、日本コンクリート工学協会、セメント協会、日本非破壊検査協会などの学・協会誌に多数