資格所得情報
二級建築士 (国家資格)  http://www.jaeic.or.jp/
概要 都道府県知事の免許を受け、延べ面積500平方メートル以下の建築物の設計、工事監理等を行うが、いずれも住宅や街づくりの第一人者になりえるクリエイティブな資格として、難関ながら常に人気は高い。
試験日 7月上旬
受験費用 15,000円程度
勉強方法 大学の建築科目をしっかりと身に付けること、10年間の過去の問題集を買って問題を解き理解すること。エクステンションセンターで講座を開設している。
先輩からの
アドバイス
まずは大学で基礎力を蓄え、受験1年前には建築資格の専門学校で試験勉強すると確実。
インテリアコーディネーター(民間資格)
概要 機能的、快適な住生活環境を表現するインテリアの専門家。インテリア用品の商品知識、住まいを構成するほかの商品との関連性や住宅の構造に関する知識を持ちながら、インテリア計画を立てる能力とセンスが要求される。女性に人気が高い。年齢制限が撤廃され誰でも受験が可能となった。
試験日 10月頃
受験費用 15,000円程度
勉強方法 大学の建築科目をしっかりと身に付けること、問題集を買って問題を解き記憶すること、資格取得のための学校に通うこと。
先輩からの
アドバイス
インテリアに対して強い関心をもち、普段から気をつけて実例を観察しておくとよい。
インテリアプランナー(民間資格)
概要 インテリアの企画・設計・工事監理業務を行う専門資格で、(財)建築技術教育普及センターが主催する国家資格。2次試験の受験資格は学歴や所有資格に応じて定められている。
インテリアコーディネーターが住宅に限られているのに対し、商店建築やオフィスビルなどの幅広いインテリアを扱う。
試験日  
受験費用  
勉強方法 大学の建築科目をしっかりと身に付けること、問題集を買って問題を解き記憶すること、資格取得のための学校に通うこと。
先輩からの
アドバイス
インテリアに対して強い関心をもち、普段から気をつけて実例を観察しておくとよい。
建築設備士(国家資格)
概要 建築物の空調・換気設備や給排水衛生設備、電気設備といった建築設備の設計および工事監理を行う専門家のための資格。複雑化した建築設備全般に関する知識・技能を身につけ、建築設備の設計・工事監理に関するアドバイスを行う建築設備関係のスペシャリスト。
試験日 6月
受験費用 35,000円程度
建築施工管理技士(国家資格) 
概要 施工計画や施工図の作成、工程、品質、安全管理など、施工管理の専門資格。建築業界では評価は高い。
宅地建物取引主任(国家資格)  http://www.retio.or.jp/siken.html/
概要 ビジネス資格の入門資格。不動産業の事務所では業務従事者5人に付き1人の有資格者が必置義務。エクステンションセンターで講座を開設している。
土地家屋調査士(国家資格)
概要 不動産登記に必要な土地や家屋の調査、測量の代行と申請手続きを行う資格。「測量士」は一部試験を免除される。
福祉住環境コーディネーター検定試験(民間資格)  http://www.kentei.or.jp/
概要 高齢者や障害者の住環境を考える、福祉・建築系の複合資格。受験資格には制限がなく、人気は幅広い。
不動産鑑定士(国家資格)  http://www.mlit.go.jp/
概要 不動産取引の祭に、物件の適正価格を評価、鑑定する不動産のスペシャリスト資格。取得は困難。
公害防止管理者(国家試験)
概要 資格は大気、水質、ダイオキシン、騒音・振動、粉じんの5種類がある。工場・作業所など環境に何らかの負荷を与える事業所では、ある程度の規模以上になると上記の公害防止管理者をおくことになっている。本専攻では、その基礎となる内容について習得できる。
試験日 9月、10月