学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)の利用について

 

T. 学術認証フェデレーション(学認)とは

U. 「学認」を利用した学外からの電子リソース利用について

V. 「学認」認証手順

 

T. 学術認証フェデレーション(学認)とは

▶ 学術認証フェデレーション(学認)とは、学術e-リソースを利用する大学、学術e-リソースを提供する
機関・出版社等から構成された連合体のことで、国立情報学研究所(NII)の事業として運営されてい
ます。

 

U. 「学認」を利用した学外からの電子リソース利用について

本学が契約しているデータベースや電子ジャーナル・電子ブックのうち「学認」に対応している電子リソ
ースを、愛工大IDで認証を行うことにより、自宅など学外からも利用することができます。

※すべての電子ジャーナルやデータベースが学外から利用できるようになるわけではありません。
ご注意ください。

学認に対応した電子リソース間は、シングルサインオンで利用が可能です。

本学が契約している電子リソースの内、「学認」に対応しているサービスは以下の通りです。

   〇データベース

       ・ジャパンナレッジLib

       ・日経BP記事検索サービス

       ・Scopus

〇電子ジャーナル          

       ・日経BP記事検索サービス

       ・ScienceDirect (化学、工学、物理・天文学、材料科学分野中心)

       ・SpringerLink

       ・Business Source Premier

       ・Cambridge Journals Online(科学・工学・医学分野パッケージ)

       ・IEEE Xplore Digital Library 13タイトル)

〇電子ブック       

       ・Maruzen eBook Library 20173月現在141点)

       ・EBSCO eBooks 20173月現在500点)

 

V. 「学認」認証手順

データベースを利用する

図書館ホームページの情報検索よりご利用ください。

※【情報検索】 → 【データベース】 → 利用サービスを選択

     @ジャパンナレッジLib

     A日経BP記事検索サービス

     BScopus

電子ジャーナル及び電子ブックを利用する

図書館ホームページの電子ジャーナル等ポータルサイトよりご利用ください。

※【資料検索】 → 【電子ジャーナル/ブック】   

ポータルサイトでの認証手順