千年の命を持つ和紙づくりをめざし、水、原材料、天日乾燥などを含め、古来の技法を忠実に継承。自然素材を使用し、まったく機械に頼らない制作工程で行います。